FRIDAY(フライデー)

森喜朗会長の延々スピーチにヒヤッ 強風で散々の聖火到着式

揺れる五輪を暗示しているのか、ブルーインパルスが空に描いた五輪マークは「雲散霧消」

森喜朗JOC会長の延々スピーチにヒヤッ 強風で散々の聖火到着式
聖火特別輸送機と式典関係者の上空で5つの輪を描く飛行中のブルーインパルス。一応旋回はしているのだが、ひげのような航跡に。この後、直線飛行で5色のカラースモークによるラインが描かれ、観客からようやく歓声が挙がった
すべての写真(全2枚)

1964年10月10日、東京五輪開会式を迎えた国立競技場上空で、航空自衛隊のアクロバットチーム、ブルーインパルスが5つの輪を描いた。大河ドラマ『いだてん』最終回でもクライマックスとして描かれた有名なエピソードだ。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • PHOTO佐藤浩視

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.