FRIDAY

デーブ大久保 緊急事態宣言前夜でも「仲間の店にお金を落とす」

夜間の外出自粛が要請されるなか、錦糸町のロシアンクラブへ…その真意は

デーブ大久保 緊急事態宣言前夜でも「仲間の店にお金を落とす」
すべての写真(全2枚)

錦糸町のロシアンクラブを訪れたデーブ。写真は宴席の途中で店を抜け出して電話をする様子。夜間なのにサングラス姿だったため、やけに目立っていた

 古き良き時代のプロ野球選手と言うべきか……。4月6日夜、東京・錦糸町(墨田区)にある人気のロシアンクラブ『R』に来店したのは、東北楽天ゴールデンイーグルスの元監督で野球解説者・タレントのデーブ大久保(53)である。この日は緊急事態宣言が発令される前日。すでに東京都から夜間の外出自粛が要請されており、錦糸町の歓楽街にも人通りはほとんどない。だが、デーブは数名の仲間とともに、3時間以上店に滞在。日付が変わる直前にようやく店から出てくると、タクシーに乗り込んで帰路に就(つ)いた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.