FRIDAY

原発族への六つの手紙 ドロテー・ジーデントプフ(内科医)

原発族への六つの手紙 ドロテー・ジーデントプフ(内科医) 画像1
すべての写真(全1枚)

'42年、独オルデンブルク生まれ。ディーツェンバッハにて内科医として活動していた(現在は引退)。IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部の代表。'12年には広島での会議にも出席。'91年よりチェルノブイリ原発事故の被災地であるベラルーシの子供たちの支援活動を行っている

「チェルノブイリは過去のことではありません」

私には、あれだけの事故があったのに、原発推進を掲げる日本政府や電力会社の考えが理解できません。もちろん、すぐさま代替エネルギーを確保するのは難しいことかもしれません。しかし事実、ドイツでは原子力全廃に向けて政治が動いています。火山国で、地震も多い日本がなぜそれをやらないのでしょうか。一人の医師として、私は原子力発電の撤廃を願ってやみません。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.