FRIDAY(フライデー)

高梨沙羅 日本中を感心させた"気丈な娘"の17年

涙は見せたくなかった。
日本中の期待を背負った少女は、
この悔しさを糧に、
もう4年後を見据えている。

高梨沙羅 日本中を感心させた
すべての写真(全2枚)

'12年4月、グレースマウンテンインターナショナルスクールの入学式で。この4ヵ月後には、高卒認定試験に合格した

Photo:AFLO

北国の小さな女の子がガンバった

「納得のいくジャンプができず、すごく残念です。やることは一緒なので、どの試合も変わらず挑んでいたつもりでしたが、五輪はどこか違うところがあると感じました」

2月11日(現地時間)に行われたソチ五輪ジャンプノーマルヒル。今季W杯13戦10勝、金メダル大本命といわれた髙梨沙羅は、まさかの4位に終わった。

ただ、誰よりも遠くへ飛びたい――。

その想いだけでジャンプを続けてきた17歳の少女は、あふれ出る涙をこらえ、気丈に語った。

髙梨はなぜ、若くして、「勝って驕(おご)らず、負けて腐らず」というプロフェッショナリズムを貫き通すことができるのか。そのルーツを探った。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.