FRIDAY(フライデー)

裁判官も叱責 舛添都知事「婚外子への扶助金22万円調停」取り下げの赤恥

「東京を福祉先進都市にいたします。
 認知症の母親を介護した経験を生かし、この苦労を何人にも味わわせてはならない、その強い思いが政治の道を歩む原点です。任期中に、約8000人いる都内の待機児童をゼロにします」

裁判官も叱責 舛添都知事「婚外子への扶助金22万円調停」取り下げの赤恥 画像1
すべての写真(全2枚)

3度目の結婚をした現夫人には、中学生、小学生の子どもがいる。息子に知事選出馬を勧められたという

Photo:等々力純生

 2月26日に開会した東京都議会での舛添要一・新都知事(65)の施政方針演説を、複雑な思いで聴いた女性がいる。

 東大助教授時代の舛添氏と不倫交際し、その子を産んだAさんだ。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.