FRIDAY

秒速で1億円稼ぐ男が転落! 与沢翼 涙の告白 倒産危機でヒルズ族からホームレスへ

image
すべての写真(全1枚)

 六本木ヒルズから新宿の公園へ――、転落は秒速を超えていた。

「いま住んでいる六本木の超高級マンションは、5月末までに出て行かなければなりません。都内に複数借りていたマンションもすべて引き払い、返還された敷金を税金の支払いに充(あ)てました。道を歩いているだけで指をさされて笑われたり、ちょっと普通では考えられないような状況です」

 つぶらな瞳を潤ませてこう語るのは、「秒速で1億円稼ぐ」と豪語してきたIT企業『Free Agent Style Holdings』の与沢翼会長(31)だ。

 インターネットの広告事業やネットでおカネを稼ぐ方法を教える情報商材ビジネスで年商50億円、月収数億円(自称)を稼ぐ"ネオヒルズ族"として、わが世の春を謳歌(おうか)していたが、4月26日、突如Facebook上で、「資金が完全にショートした」と懺悔(ざんげ)。アメブロのアクセス数が総合1位になるなど、大きなニュースになる中、与沢氏が本誌だけに、"秒速ショート"の詳細を語る。

「すべての始まりは、1月31日のことでした。腕章を付けた国税局の職員が10名ほど六本木の本社にアポ無しで来襲し、’13年8月期の法人税、約1億5000万円を『5日以内に全額払いなさい』と言う。私は知人に『国税は12分割してくれる』と聞かされていたので、バカのようにカネを使っていた。住んでいたマンションは2年分の億単位の家賃を先払いしていたので、手元にカネもなく……」

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.