FRIDAY(フライデー)

三笠宮家 98歳当主を遺して3兄弟が早逝の悲劇

行動派の桂宮親王までが…

三笠宮家 98歳当主を遺して3兄弟が早逝の悲劇 画像1
すべての写真(全1枚)

 6月9日、赤坂東邸で桂宮宜仁親王の「御舟入(おふないり)」が行われた。納棺に当たるこの儀式の際、棺に蓋をする直前、父の三笠宮崇仁親王は宜仁親王の肩に手を添え、じっとその顔を見つめていたという。大正天皇の四男で98歳の三笠宮が、我が子の御舟入に立ち会うのは、実に3度目だ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.