FRIDAY

斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第42回

「2年目のジンクス」の正体

斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第42回
すべての写真(全2枚)

球団新人最多安打記録を更新した阪神・髙山だが「活躍したとは言えない」と2年目のジンクスを否定。冷静だ

 新人王に輝いた阪神の髙山俊をはじめ、昨シーズン、一軍で初めて結果を残した選手たちにとって嫌な言葉が「2年目のジンクス」でしょう。僕も初めて一軍に定着した’03年に20勝しましたが、翌’04年は10勝したものの、防御率は6.26。2リーグ制になって以降、規定投球回数に達した投手では歴代ワーストでした。シーズン中、何度も「2年目のジンクスだ」と囁(ささや)かれたものです。"2年目"に大きく成績を落とす選手が多いのは、いったいなぜなのか。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.