FRIDAY(フライデー)

滋賀で敗北 自民党「エラソーな小鎚隆史候補」と「県議団パワハラ騒動」

進次郎・石破・橋下投入でも勝てない

滋賀で敗北 自民党「エラソーな小鎚隆史候補」と「県議団パワハラ騒動」 画像1
すべての写真(全4枚)

小泉政務官は原発問題にはふれず、「小鑓さんとは父がシングルファザーという共通点がある」と演説した

Photo:横田 一

「7月1日の集団的自衛権の閣議決定で雰囲気が一変し、三日月氏への追い風が吹きました。定点観測していた世論調査にもハッキリと表れた」(現地で選挙活動にあたった民主党・馬淵澄夫元国交相)

 滋賀で大逆転劇が起こった。7月13日に投開票が行われた県知事選で、自民党推薦の元経産官僚、小鑓(こやり)隆史氏(47・滋賀県出身)が、前民主党衆議院議員の三日月大造氏(43)に1万3000票差をつけられ落選。今年6月時点の調査では10ポイント以上の差をつけていたなかでの敗北に、小鑓氏は、「力不足だった」と目を泳がせた。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.