FRIDAY

30代新型コロナ重症化患者が独占告白 「アビガンに救われた」

30代新型コロナ重症化患者が独占告白 「アビガンに救われた」
すべての写真(全3枚)

取材に応じた男性の病室での様子。最初は倦怠感がある程度だったが、急激に熱が上がり意識不明に陥った

「最初は倦怠感と咳が出る程度でした。その後、39度の熱が出たので保健所に電話すると、『自宅で様子を見て』と言われました。しかし、2日ほど経って熱が40度を超えたので、以前、別の病気でお世話になった主治医に電話をしたんです」

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.