FRIDAY(フライデー)

坪井智哉 「引退直前、イチローとNYで語り尽くしたこと」

阪神で大活躍、アメリカに渡った"振り子打法"の先駆者

坪井智哉 「引退直前、イチローとNYで語り尽くしたこと」 画像1
すべての写真(全2枚)

今季プレーしたペンシルベニア州のバーンストーマーズで。過去には仁志敏久、現在は渡辺俊介が所属している

「イチロー(40)や新庄(剛志、42)さんなど、多くの人からメールをもらいました。『オマエと一緒に野球ができてよかった』と。とくに同い年のイチローには、公私ともに世話になりました」

 8月15日に引退を表明した坪井智哉(ともちか)(40)は、しみじみと語る。

 PL学園、青山学院大、東芝とアマのエリート街道を歩いた坪井が、ドラフト4位で阪神に入団したのは’98年。低迷していたトラの1番に定着し、1年目で3割2分7厘を打った。辛口のノムさん(野村克也氏)をして「天才」と言わしめた〝振り子打法〟の先駆者である。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.