FRIDAY

創刊30周年 特別企画 あなたとFRIDAYが生きた 激動の30年 第2弾 後半(1998年〜2003年) (3/6)

6月2日号 「故・小渕恵三元首相の『病床写真』をスクープ公開」
創刊30周年 特別企画 あなたとFRIDAYが生きた 激動の30年 第2弾 後半(1998年〜2003年) (3/6) 画像1
すべての写真(全6枚)

集中治療室に入った直後に撮影された小渕氏の写真。この時点でほとんど口がきけない状態だった。にもかかわらず、青木氏は、小渕氏から「『有珠山噴火の心配もあり、何かあれば万事よろしく頼む』と言われた」と発言。正当な法的手続きを経ず首相の座を奪われた小渕氏は、ベッドの上で何を思っていただろう


2000 首相交代“密室談合”のウソを暴いた衝撃のスクープ「小渕首相病床写真」

 全身をチューブで繋(つな)がれ、集中治療室に横たわるのは自民党の小渕恵三首相(当時62)だ。4月2日、脳梗塞で倒れた小渕氏のもとへ、青木幹雄内閣官房長官(当時65)が一人で面会に向かったのが騒動の幕開けだった。病院訪問の直後、党幹部と話し合った青木氏は、病床の総理から「何かあれば万事よろしく」との言質(げんち)を得たとして、自ら首相臨時代理に就任、後継首相には森喜朗幹事長(当時62)が指名された。こうして4月5日に森内閣が堂々誕生。小渕氏は5月14日、静かに息を引き取った……。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.