FRIDAY(フライデー)

箱根駅伝 青学を変えた脱サラ監督と新山の神の全舞台裏

チャラい今どきの男の子たちが何故、強豪を抑えて初優勝できたのか

箱根駅伝  青学を変えた脱サラ監督と新山の神の全舞台裏 画像1
すべての写真(全6枚)

EXILEのチューチュートレインのポーズで笑顔。ノリの良さが軽やかな強さに繋がった。前から神野大地(5区)、久保田和真(1区)、一色恭志(2区)、藤川拓也主将(9区)、小椋裕介(7区)

Photo:小檜山毅彦

 1月3日午後、東京・大手町。人でごった返す箱根駅伝のゴール地点、青山学院大の選手たちは、アンカー安藤悠哉(2年)が姿を現すのを待っていた。その時、選手たちからコールが起きた。てっきり「安藤! 安藤!」だと思ったら、「すっすーむ! すっすーむ!」と叫んでいるではないか。選手たちはみな、原晋監督の名をコールしていたのだ。

 長年、箱根駅伝を取材してきたが、ゴール地点で監督のファーストネームのコールを聞いたのは初めてだ。監督自身、「青学のチームカラーは明るい、でも行き過ぎるとチャラい」と普段から話していたが、いかにも青学らしい一幕だった。

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.