FRIDAY(フライデー)

スカイマークを買って潰したワンマン社長の独断人生

ミニスカCAも社員食堂のメニューも「鶴の一声」

スカイマークを買って潰したワンマン社長の独断人生 画像1
すべての写真(全3枚)

昨年7月、エアバス社から納入解約通告と巨額の違約金請求を受け、苦しい表情を浮かべて会見する西久保氏

 ANAやJALに次ぐ「第3極」航空会社として奮闘してきたスカイマークは、西久保慎一社長(59)が退任した当日、民事再生法の適用を申請、経営破綻した。今後は裁判所が選任した弁護士の管理下で、スポンサーを探すことになる。

「1月末の支払いが約40億円分あったんですが、会社には、現金が3億円弱しかなかった。負債総額は約710億円です」(スカイマーク関係者)

 資金ショートの原因は、LCC(格安航空会社)参入による集客率の低下や円安による燃料費の高騰など複合的だ。加えて、航空経営研究所の稲垣秀夫主席研究員は西久保氏のミスを指摘する。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.