FRIDAY(フライデー)

何が何でも試合時間短縮では緻密な野球ができない

何が何でも試合時間短縮では緻密な野球ができない 画像1
すべての写真(全2枚)

 このところ顕著になっているのが試合時間を短縮しようという動きです。高校野球ではタイブレーク制度の採用が広がり、社会人、大学野球では先日、投手が球を持つ時間の設定や内野手がマウンドに集まる回数の制限などの特別規則を制定。プロでも熊崎勝彦コミッショナーが試合時間を「3時間以内にしたい」と発言しています。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.