FRIDAY(フライデー)

中田翔衝撃インタビュー「引退を考えたドン底の1年」

「稲葉さんが救ってくれた」

中田翔衝撃インタビュー「引退を考えたドン底の1年」 画像1
すべての写真(全2枚)

友人の理学療法士・江川喬也氏と会食中の中田を直撃! 「ホームランだと俺が打つか打たないかの話になってしまうから、チームみんなが攻撃に絡める打点にこだわりたいね」

 金色メッシュ、細く整えた眉毛(まゆげ)に口髭(ひげ)、黒光りする肌にネックレス――見た目のイカつさと、あまりに乖離(かいり)した回答に、思わず言葉を失った。

「少々アカンかっても、ドラフト1位やねんから、ある程度は大目に見てくれるやろう――日本ハムに入団した直後はそう思ってました。でも、そんな考えはすぐに吹き飛んだ。違う。いつ足をすくわれてもおかしない。プロ入り3年目には『ヤバい』『このままやったらオレ、クビになる』と、本気で悩みました」

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.