FRIDAY(フライデー)

香港市民が大反発 中国が「国家安全法」強行採決の意外な思惑

女性民主活動家が語る「一国二制度」の危機。デモを招いてまで中国が動く理由とは

香港市民が大反発 中国が「国家安全法」強行採決の意外な思惑
すべての写真(全2枚)

「民主の女神」こと活動家の周庭氏。香港の政治団体「香港衆志(デモシスト)」の常務委員を務めている

「『一国二制度』と呼ばれる高度な自治が認められてきた香港ですが、それもついに崩壊します。国家安全法が施行されれば、香港は中国に飲み込まれてしまうでしょう。これからの活動は、命がけになっていくはずです。今後、わたしもどうなるかわからない」(民主活動家の周庭(しゅうてい)氏)

 5月28日に閉幕した中国の「全人代(全国人民代表大会)」で、香港に「国家安全法」を導入する方針が採択された。施行されると、香港はどう変わるのか。国際ジャーナリストの山田敏弘氏が解説する。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.