FRIDAY

楽天・大久保監督が後押しした銀次の走塁意識改革

楽天・大久保監督が後押しした銀次の走塁意識改革 画像1
すべての写真(全2枚)

 開幕前の下馬評は低かったものの、23試合を終えて10勝11敗2分(4月27日現在、以下同)。昨季最下位からの巻き返しを誓う楽天がブレない戦いぶりを見せています。大久保博元監督が掲げている「超機動力」を駆使した野球がそれで、中軸を打つ銀次も例外ではなく、数字に変化が表れています。

 1、3、8。過去3年間の銀次の盗塁数です。それが今季は早くも5盗塁。俊足というイメージはないのですが、失敗も2つと成功率も悪くありません。銀次もそうですが、いまはみな運動能力が高く、盗塁をまったく決められないという選手は少ない。ところが、すごく足が速くないと盗塁をしてはいけないと、みなが思い込み、それが遠慮につながって結局走らない。盗塁を試みてアウトになったらまずい、チームの足を引っ張りたくないと考えると動かないほうが無難で、メリットよりもリスクを回避することを選んでしまうのです。盗塁という選択肢が頭の中から消えてしまうと当然、意識も薄れてしまう。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.