FRIDAY(フライデー)

走塁のスペシャリスト・鈴木尚広は なぜ迷わずスタートできるのか

走塁のスペシャリスト・鈴木尚広は なぜ迷わずスタートできるのか 画像1
すべての写真(全2枚)

 6月6日の巨人とソフトバンクの一戦。ソフトバンクが1点をリードして迎えた9回裏、先頭打者の井端弘和が四球を選ぶと、原辰徳監督は迷うことなくダッグアウトを出ました。そして、代走・鈴木尚広の名前がアナウンスされると、球場は割れんばかりの拍手に包まれました。代走として出場した選手に対して、これほどまでの拍手が送られるのを僕は見たことがありませんが、鈴木はそれに見合うだけの特別な存在になっています。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.