FRIDAY(フライデー)

シベリアに謎のビッグホール出現 大異変の予兆なのか

「世界の果て」から何かが起こりつつある

シベリアに謎のビッグホール出現 大異変の予兆なのか 画像1
すべての写真(全1枚)

シベリアに突如現れた巨大な穴。永久凍土(地表近くの茶色の土よりも黒っぽい地層)が剥き出しになっている。中心には薄茶色の水が溜まっている

 モスクワから北東へ約2000㎞――。現地の言葉で「世界の果て」を意味するヤマル半島(西シベリア)に、この巨大な穴は忽然(こつぜん)と姿を現した。地中に永久凍土が広がるツンドラ平原に、直径37m、深さ75mの穴が空いている。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.