FRIDAY

スポーツは人間ドラマだ! 第125回 挑発にのったベッカム「痛恨のレッドカード」

’98年6月30日
W杯フランス大会 アルゼンチンvs.イングランド

スポーツは人間ドラマだ! 第125回 挑発にのったベッカム「痛恨のレッドカード」
すべての写真(全1枚)

ベッカムは’13年に現役引退、一方のシメオネはスペインリーグ優勝など監督として大成功を収めている

 イングランドとアルゼンチンの対戦は常に激戦になる。

 ’98年フランスワールドカップで、両者は決勝トーナメント1回戦で激突。アルゼンチンのエース・バティストゥータ(29=当時、以下同)がPKを決めると、イングランドの18歳、マイケル・オーウェンが巧みなトラップと驚異的なスピードを披露する圧巻のゴール。しかし、勝敗を分けたのはW杯初出場のデイビッド・ベッカム(23)が犯した「愚行」だった――。現地でテレビ解説を務めていた宮澤ミシェル氏が伝説の一戦を語る。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.