FRIDAY(フライデー)

私の戦争体験「トラック島で見た地獄」

終戦70年特別企画
出征現場、徴兵検査――75年前の発掘写真を前に語り尽くす
俳人・金子兜太(95歳)

私の戦争体験「トラック島で見た地獄」 画像1
すべての写真(全5枚)

京都市内で撮影された出征現場。日章旗を持った見送りの人々に向け壇上の若者が決意の言葉を述べている

 敗戦から70年。講談社倉庫の奥に、大量のモノクロ写真が眠っていた。太平洋戦争開戦直前の、昭和15年(1940年)ごろの市民の姿をとらえたものだ。

「これは出征の風景ですね。なかなかお目にかかれない写真ですよ。写っている人々はどこか牧歌的ですね。ふっくらしていて、服装にも余裕がある。開戦前は戦争をやると聞いても、戦地は日本以外の外国だと思い込んでいた。3年8ヵ月で本土が焼け野原となり、300万もの命が犠牲になることなど、誰も想像していなかったのです」

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.