FRIDAY(フライデー)

被災地 鬼怒川温泉街 に灯った「復興への希望の光」

この記事には、本誌未公開の画像があります。

名物行事『月あかり花回廊』が今年もやってきた

被災地 鬼怒川温泉街 に灯った「復興への希望の光」 画像1
すべての写真(全3枚)

鬼怒川公園に設置された和傘のライトアップ。点灯は夕方6時半から夜9時半までの3時間。会場ではオカリナや三味線の演奏も楽しめる

 それはまるで〝希望の光〟のように見えた――。

 9月25日、栃木・日光市の鬼怒川温泉街で、イルミネーションイベント『月あかり花回廊』が幕を開けた。これは6年前から毎年行われている地元の名物行事で、メインの会場となった鬼怒川公園では、和傘や藤の花をイメージして作られたオブジェが、幻想的な灯りに照らし出された。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.