FRIDAY

視聴率1位 『下町ロケット』はなぜ社会人の胸を打つのか

「泣けた」 

「サラリーマンの夢がつまっている」 

視聴率1位 『下町ロケット』はなぜ社会人の胸を打つのか 画像1
すべての写真(全3枚)

 主役である佃航平(写真右・阿部寛)は中小企業の経営者でありながら、技術者としての職人魂を持ち続けている 

「『下町ロケット』が高視聴率をとれたのは、『半沢直樹』のような男臭い大人のドラマを視聴者が求めていたから。半沢のオンエアから2年が経過し、あの勧善懲悪のストーリーを皆渇望していたんだと思います」(コラムニスト・ペリー荻野氏) 

 TBSの秋ドラマ『下町ロケット』が絶好調だ。池井戸潤氏の代表作が原作で、脚本家と演出もドラマ『半沢直樹』と同じメンバー。第1話の視聴率は16.1%、さらに第2話では17・8%を記録し、絶対王者、水谷豊主演の『相棒14』第2話の17.6%を上回る数字を叩き出した。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.