FRIDAY(フライデー)

不定期連載 昼めしで語る「人生の転機」第30回 福澤朗(フリーアナウンサー)「大学時代に演劇で挫折。人生で最も孤独でした」

不定期連載 昼めしで語る「人生の転機」第30回 福澤朗(フリーアナウンサー)「大学時代に演劇で挫折。人生で最も孤独でした」 画像1
すべての写真(全2枚)

麹町のイタリアン『ラ・タベルナ』の「牛肉の薄切りステーキ」(950円)。日本テレビ旧本社の近くにあり、局関係者の御用達だった

「ジャストミート」「ファイヤー」などの流行語を生み出した人気アナウンサーで、現在は『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)などの番組でMCを務めながら、俳優としても活躍する福澤朗氏(52)。思い出の昼食は、日本テレビ旧本社のあった麹町のイタリアン『ラ・タベルナ』の「牛肉の薄切りステーキ」だ。バターライスとスパゲティの上に、香ばしいステーキが載ったボリューム満点の一品――日本テレビアナウンサーとして働いていた若手時代、この一皿が「心も身体も満たしてくれた」という。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.