FRIDAY(フライデー)

的を絞らせないサッカーで大勝! 「失敗に学んだ」日本代表の変化の兆し

的を絞らせないサッカーで大勝! 「失敗に学んだ」日本代表の変化の兆し 画像1
すべての写真(全2枚)

カンボジア戦では途中出場した本田が試合終了間際、藤春廣輝の左クロスにヘディングで合わせて追加点

 11月17日にW杯アジア2次予選のカンボジア戦がアウェーのプノンペンで行われ、日本はメンバーを大量に入れ替えたこともあり、苦戦しましたが、本田圭佑(29)の予選5試合連続ゴールを含めた2対0で勝利しました。その5日前、12日のシンガポール戦は、3対0の快勝。勝ち点を16点と伸ばして2次予選突破に大きくはずみをつけました。前回、6月にシンガポールと埼玉で対戦した際は、シュートを23本打ちながらもスコアレスドローに終わりましたが、12日の試合は危なげない試合運びで格の違いを見せつけてくれました。

 シンガポール戦を観て感じたのは、日本の選手たちが前回の課題をきちんと学習し、その反省を生かしているということです。

 6月の対戦ではサイドから攻めようという意識が強すぎ、攻撃がライン際に偏っているような印象を受けました。相手も最初からサイドを攻められると分かっていれば対応しやすい。パスを読まれ、日本はなかなかサイドでフリーになれませんでした。これではいくら「ピッチの幅を使う」という意識があっても、空回りしてしまいます。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.