FRIDAY(フライデー)

MRJ 初飛行を支えた「リアル下町ロケット」中小企業 渡辺精密工業

名古屋の工業地帯 

社員は約50人 

MRJ 初飛行を支えた「リアル下町ロケット」中小企業 渡辺精密工業 画像1
すべての写真(全2枚)

 およそ2000億円という開発費を投じて完成したMRJは、関係者に見守られながら名古屋空港を飛び立った 

MRJ 初飛行を支えた「リアル下町ロケット」中小企業 渡辺精密工業 画像2

 寺西社長(前列左から2番目)と渡辺精密工業の社員たち。次世代に技術を伝承し、ものづくりの挑戦は続く 

〈いい年したおっさんが夢見て何が悪い! 町工場が夢見て何が悪い!〉 

〈技術の進歩が止まってしまったら、世の中の発展はない!〉 

 現在放送中のTBSドラマ『下町ロケット』の中で、阿部寛(51)演じる佃製作所社長・佃航平はこう熱く語りかける。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.