FRIDAY(フライデー)

病理医という仕事

年間1万5000例以上診断する「静岡がんセンター」に密着!
手術室の隣であなたの「がん」を見つける専門医の素顔

病理医という仕事 画像1
すべての写真(全12枚)

手術で摘出された臓器が「新鮮標本室」に届くと、まずは病理医ががんの大きさや性質、広がりなどを肉眼で確認する。その後、デジタルカメラで撮影する

 いまや二人に一人が罹患すると言われるほど身近な病気となったがん。家族、あるいは自分自身が「がん告知」を経験する人も増えた。だが、「あなたはがんです」と本当に診断しているのは、じつはあなたの目の前にいる主治医ではないことをご存じだろうか。

+9
すべての写真(全12枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.