FRIDAY(フライデー)

中国 トンデモ巨大建築物が「次々誕生するワケ」

金色の毛沢東像は撤去されたけど、他にもたくさんあるんです

3体の大きなオジサン!?
いえ高級ホテルです

中国 トンデモ巨大建築物が「次々誕生するワケ」 画像1
すべての写真(全4枚)

福星は繁栄、禄星は富貴、寿星は長寿の神。宿泊客は自分の希望に合わせ神様を選べる。周囲に10階建て以上の建物は少なく、ホテルは異様に目立つ

 中国でもっとも醜い建築物。

 こう呼ばれる建物が、北京郊外の経済開発区「北京東燕郊天子庄園(トンヤンジャオティエンヅザンユン)」にある。3人の巨大な神様の体内に、43の客室を擁する高級ホテル天子大酒店だ(上写真)。高さは約42mの10階建てで、神様は左から福星、禄星、寿星の3体。宿泊料は1部屋通常500元(約9000円)ほどで、福星が左手に持っている桃の内部がスイートルームになる。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.