FRIDAY(フライデー)

清原和博「本誌だけが捉えた いかつい愛車と(暴)ファッションの歴史」

覚醒剤を求めて群馬まで走らせたベンツ、推定5000万円のロールスロイス…
同僚野球選手も度肝を抜かれた「覚醒剤番長」の異様な私生活!

どのメディアより清原和博(48)を追ってきた
本誌は、彼のすさまじい高級車の数々を目にしてきた。
その数は確認できただけでも17台にのぼり、
ナンバープレートは自身や夫人の誕生日、
西武時代の背番号にちなんだものをつけ、
しばしば改造を施していた。異様な金満ぶりを
彼の奇抜なファッションの変遷とあわせて振り返ろう。

愛車遍歴

清原和博「本誌だけが捉えた いかつい愛車と(暴)ファッションの歴史」 画像1
すべての写真(全16枚)

 西武時代のチームメイト・石井貴を引き連れ、銀座のクラブなどを3軒ハシゴ。いかついレザージャケットと車で目立ちまくっていた。ちなみに清原は’08年ごろ、「ロールスロイス ファントム」(推定5000万円)も所有していた

ロールスロイス ゴースト/3200万円(値段はいずれも推定)/’14年3月(日時はいずれも撮影日) 

清原和博「本誌だけが捉えた いかつい愛車と(暴)ファッションの歴史」 画像2
+13
すべての写真(全16枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.