FRIDAY(フライデー)

清原和博「焼き肉弁当」を届けに来た六本木の弟分の素性

更生支援チームは「夜の世界」に近い面々で

清原和博「焼き肉弁当」を届けに来た六本木の弟分の素性 画像1
すべての写真(全2枚)

差し入れのために、病院にやってきたA氏(奥)とB氏(手前)。報道陣の質問をさえぎり、数分で立ち去った

 3月20日の午後6時過ぎ、千葉・松戸の総合病院には40名近くの報道陣が詰めかけていた。3月17日に保釈された清原和博(48)が、入院している1泊5万4000円の「特別室」から姿をのぞかせるのではないかと、部屋の窓にカメラを向けていたのだ。すると、病院の駐車場に2人の男が乗った黒い乗用車が入ってきた。男たちは「清原さんに近い関係者から『報道陣のみなさんへ』と頼まれた」と言って、温かい30人前の焼き肉弁当を報道陣に差し入れたのだ。「なぜ差し入れをするのか」と問う報道陣に対し、助手席に乗った赤色のアウターを着た色黒の男性は、

「みなさん、寒いので温かいうちに食べてください」

 と言い残して、走り去っていった。車のナンバーは「5」。清原の巨人、オリックス時代の背番号だ。翌日、清原が極秘に退院したという情報が流れたことから「清原からの別れのあいさつだったのでは」、あるいは「清原の名を騙(かた)ったイタズラか」などと憶測が流れた。そんななか、本誌は重要な証言を入手した。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.