FRIDAY(フライデー)

東電 広瀬直己社長 「電撃辞任騒動」の真相

分社スタート前日まで新任役員が決まらない混乱の裏に何があったのか

東電 広瀬直己社長 「電撃辞任騒動」の真相 画像1
すべての写真(全2枚)

 分社スタート直後の5日、出社する広瀬社長。福島や新潟など原発立地周辺へのお詫び、ご説明行脚が続く 

「『65年続いている東京電力株式会社の名前を消して、新会社でのスタートとなります。人事の遅れは熟慮の結果です。自由化に向け、選ばれた人には頑張ってほしい。私も強い思いで経営にあたる』

 広瀬直己社長(63)は社内でそう述べたと聞いている。人事の発表が極端に遅れたことの背景に、かなりの混乱があったことを示唆していた」(経産省幹部)

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.