FRIDAY(フライデー)

開発費に400億円!国産初のステルス機 X-2の「実力」

足かけ7年、全長14mの"日の丸戦闘機"が名古屋の空を舞った

開発費に400億円!国産初のステルス機 X-2の「実力」 画像1
すべての写真(全2枚)

名古屋空港から離陸するXー2。初飛行をこの目で見ようと、空港の展望デッキは多くの見物客であふれた

 日の丸をイメージした、白色の機体に赤の垂直尾翼。4月22日、愛知県営名古屋空港に国産初のステルス実証機「Xー2」が姿を現した。Xー2はタキシング(自力での地上移動)しながら滑走路に進入。「キーン」という音が鳴り、10秒ほどで離陸すると、アフターバーナー(エンジンの噴気ガスにさらに燃料を吹きつけて加速させる装置)で空気を切り裂く音があたりに響き渡った。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.