FRIDAY(フライデー)

「6000億円上場」LINE創業者たちの正体

東日本大震災を機に開発、役員の報酬はなんと52億円!

「6000億円上場」LINE創業者たちの正体 画像1
すべての写真(全4枚)

原宿にあるLINEショップ。キャラクターグッズなどが販売されている

 ’11年3月11日の東日本大震災当日、ある海外企業の会長が日本にいた。

 韓国のITベンチャー、ネイバー会長のイ・ヘジン氏(49)だ。

「イ会長は念願の日本進出のため、たびたび日本を訪れていました。震災の混乱のなか、ネイバー本社の人間はイ会長に連絡を取ることができず、大混乱になった。イ会長は『オーナーである自分の安否を確認できないなんて』と怒り心頭で、既存の通信手段以外のツールが必要だと痛感したそうです。震災の3ヵ月後、会長の思いが結実し、日本の子会社が開発した新しいアプリが、『LINE』でした」(LINE関係者)

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.