FRIDAY(フライデー)

「名古屋のみのもんた」宮地佑紀生はなぜ本番中にアシスタントを殴ったか

放送開始20年の長寿ラジオ番組が暴行事件で打ち切りに

「名古屋のみのもんた」宮地佑紀生はなぜ本番中にアシスタントを殴ったか 画像1
すべての写真(全2枚)

二人の誕生日には、毎回こうしたケーキが用意されていた。親しさが度を越え、犯行におよんだのか?

 その前代未聞の事件は、ラジオのブースという密室で起きた。それも20年続く、名古屋の名物番組本番中の出来事だった。

 6月27日月曜日、名古屋・東海ラジオの昼の帯番組『宮地佑紀生(ゆきお)の聞いてみや〜ち』のオンエアー中に、タレントの宮地佑紀生(本名・由紀男)(67)氏が共演のタレント神野(じんの)三枝(50)氏をマイクで殴り、けがを負わせた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.