FRIDAY(フライデー)

追悼 永六輔さんが最期まで貫いた「反骨の流儀」

享年83、ラジオを愛し、反権力の美学を通した放送人

追悼 永六輔さんが最期まで貫いた「反骨の流儀」 画像1
すべての写真(全2枚)

昨年12月、長年親交のあった作家・野坂昭如さんの青山葬儀所(港区)での葬儀にて。永さんは’10年に自身のパーキンソン病を公表していた。隣は次女でフリーアナの永麻理

「永さんがリハビリで辛そうにしている時、介護士の東南アジア系の外国人が彼のことをよく知らずにこう言ったんです。『そんな苦しそうな顔しないで。ほら、日本には有名な歌があるでしょう? 知りませんか、〝上を向いて歩こう〟って曲』と。それに対して永さんは『僕はそんな歌、知らない』って返したんです(笑)。本当に最期までユーモアを忘れない人でした」(元『話の特集』編集長・矢崎泰久氏)

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.