FRIDAY(フライデー)

【短期集中連載】FRIDAYノンフィクション 高倉健が愛した女と男

第5回 山口組最高幹部の息子の墓参を続けた「高倉健の仁義」

【短期集中連載】FRIDAYノンフィクション 高倉健が愛した女と男 画像1
’75年公開の「日本任侠道 激突篇」の撮影の際の高倉健。生涯で51本の任侠映画に出演した
すべての写真(全3枚)

「はじめはたまげました。見覚えのあるポルシェが家の前に止まったな、と思ったら、本人やないですか。高倉健さん(享年83)がわざわざ東京から訪ねて来て、息子のために線香をあげてくれました」

かつて私にこう話してくれたのが、元山口組最高幹部の大石誉夫(たかお)(83)である。岡山県に一大勢力を築いた大石組は、三代目山口組組長の田岡一雄時代に直参と呼ばれる直系二次団体になり、五代目組長の渡辺芳則体制で舎弟頭補佐に昇格、山口組の執行部入りした。大石は中国・四国ブロック長として組織を束ねてきた大物組長である。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • 取材・文森功 (ノンフィクション作家)

  • PHOTOムトー清次(1、3枚目)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.