FRIDAY(フライデー)

日米大学野球デビュー 東大・宮台「合宿所ではポケットに六法全書」

自己最速の150㎞で5奪三振!
米国監督も絶賛

日米大学野球デビュー 東大・宮台「合宿所ではポケットに六法全書」 画像1
すべての写真(全2枚)

来年のドラフトで上位指名されることは間違いない。「投げるときにヒジが首の上にあるのがいい。田中将大に似たフォームで肩が強い証拠」(野球評論家の安倍昌彦氏)

「(得意の)まっすぐで空振りを取れたのは良かった。厳しいコースに投げれば、通用するのがわかった」

 東京大学の宮台康平(みやだいこうへい)(21)は、報道陣に満足気な表情を見せた。7月15日に神宮球場で行われた、日米大学野球の第3戦。先発した宮台は2回2/3を投げ敗戦投手となったが、〝メジャーの卵〟相手に自己最速の150㎞を計測するなど1失点で5奪三振の内容だった。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.