FRIDAY(フライデー)

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第12回 実は、けん制球なんていらない

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第12回 実は、けん制球なんていらない 画像1
すべての写真(全1枚)

始動からボールが捕手のミットに届くまでが1.2秒なら合格と言われる中、DeNA・久保のクイックは1秒を切る

 足の速い走者を一塁に置いて、投手が何度もけん制球を投げる――「そんなに続ける必要があるのか」と疑問に思ったことはありませんか? けん制球は基本的には捕手からのサインで放ることが多く、無死一塁だと100%近くサインが出ます。走者の反応を見て相手の作戦を見極めたいという捕手の気持ちはわかりますが、僕はプレートを外したり、投げるふりをするだけで、極力、けん制をしませんでした。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.