FRIDAY(フライデー)

石原慎太郎元都知事「家族と側近」のための 独裁都政13年半

週に2〜3回しか登庁せず、公私混同はマスゾエ以上
豊洲問題のスーパー無責任体制を築いた張本人がこの男だ

石原慎太郎元都知事「家族と側近」のための 独裁都政13年半 画像1
すべての写真(全2枚)

10月10日の夕方、迎えの車に乗り込む石原氏。豊洲新市場の盛り土問題に関する追及からは逃げ続けている

「舛添(要一)氏が公私混同問題で批判され、都知事の座を追われましたが、石原(慎太郎)氏の公私混同は比べものになりませんよ。舛添氏が家族で食事をしたのは回転寿司でしたが、石原氏の会合場所は有名フランス料理店や料亭など、一人5万円以上する店に頻繁に通っていました。秘書や家族を含む仲間内で飲み食いし、何十万円もの代金を税金で支払っていたこともありました」(ジャーナリスト青木理氏)

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.