FRIDAY(フライデー)

「斂葬の儀」から見えた「女性宮家」創設の緊急度

天皇の生前退位と並ぶもう一つの問題

「斂葬の儀」から見えた「女性宮家」創設の緊急度 画像1
すべての写真(全7枚)

午前11時過ぎ、百合子妃を先頭に会場の中を移動する皇族方

 車椅子に乗った百合子妃(93)を先頭にして歩く一行。秋篠宮(50)と紀子妃(50)の後ろには、三笠宮家の彬子(あきこ)女王(34)、瑶子(ようこ)女王(33)、高円宮家の久子妃(63)、承子(つぐこ)女王(30)、絢子(あやこ)女王(26)が続いている。11月4日、三笠宮崇仁親王(享年100)の「斂葬(れんそう)の儀(ぎ)」が、東京・文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われた。

+4
すべての写真(全7枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.