FRIDAY(フライデー)

3.11の悪夢 超巨大地震が2020年までに発生する確率

福島沖M7.4大地震で津波発生、
太平洋プレートは活発化している

3.11の悪夢 超巨大地震が2020年までに発生する確率 画像1
すべての写真(全2枚)

10月中旬に撮影した福島第一原発の様子。海岸線は無防備で、もし10m級の津波が来たらとても防げない

「11月22日の朝、福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生しました。今後もこの規模の地震は何度も起きます。多くの人は、3.11に巨大地震が来て、その後余震がある程度落ちついた段階で、東日本大震災の余震は終わったと思っています。しかし、まだ余震は続きます。それどころか、津波をともなった巨大地震が数年のうちに発生する可能性はかなり高いのです」(立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授)

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.