FRIDAY(フライデー)

野村克也の「三冠王記念品」を死蔵する京丹後市「市役所の言い分」

’90年に寄贈して以来、ホコリをかぶったまま

野村克也の「三冠王記念品」を死蔵する京丹後市「市役所の言い分」 画像1
すべての写真(全5枚)

’67年、打点と本塁打の2冠達成を記念したトロフィー。通算打点は歴代2位の1988。本塁打は同2位の657本

「京丹後市役所(京都府)の倉庫には、郷土出身の名捕手・野村克也さん(81)から寄贈された貴重な記念品が60点も放置されているんです。’65年に南海で三冠王を獲得した時のペナントや盾、『生涯一捕手』と書かれた直筆のサインボールもあります。野村さんは自分の記念品が日の目を見ず、死蔵されていると聞き『倉庫にしまわれているくらいなら知り合いに預けたい』とボヤいているそうです」

 こう明かすのは、京丹後市観光協会のスタッフだった糸井徳政氏だ。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.