FRIDAY(フライデー)

47億5000万円豪邸の「売り主」はどんな人?

13LDKの超高額物件の登場に不動産業界も騒然

47億5000万円豪邸の「売り主」はどんな人? 画像1
すべての写真(全3枚)

豪邸に使われている大理石やタイルは世界各地から集められた

「私もこの業界に長くいますが、あれほどの高額物件が公開で売りに出されたのは初めて見ました」(不動産コンサルティングの大手「さくら事務所」会長の長嶋修氏)

 今年1月上旬、不動産情報サイトに突然あがった「47億5000万円」という売り出し価格にネットが騒然となった。東京・文京区本駒込にある13LDKの大邸宅は敷地面積が約287坪。近くには枝垂れ桜が有名な六義園がある。邸宅が建ち並ぶ街のなかにあってもなかなかの広さだが、近隣の不動産会社は土地が約15億円、建物は3〜4億円、合計で20億円弱という見立て。恐らく最高級の調度品を揃えたことで高額になっているのだろう。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.