FRIDAY(フライデー)

不定期連載 国民の二人に一人がかかる病気 がんにどう向き合えばいいのか 竹原慎二(元WBAミドル級世界王者)

膀胱がん
発覚から3年「家族がいたから闘病生活に耐えられた」



罹患数、死亡数ともに増加する、がん。
いつわが身に襲いかかるかもしれないこの病魔と闘った有名人がいた。
彼らのその壮絶な闘病生活とは――。

不定期連載 国民の二人に一人がかかる病気 がんにどう向き合えばいいのか 竹原慎二(元WBAミドル級世界王者) 画像1
すべての写真(全1枚)

たけはら・しんじ ’89年にプロデビュー。’95年に日本人初のWBA世界ミドル級チャンピオンを獲得した。’96年に引退

「夜、ベッドの上で一人『もう死ぬのかな』と半ベソをかいていた。独身だったら治療もせずに死んでいたと思います」

 ボクシングで世界の頂点に立った男でさえ、がんの前では弱気だった。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.