FRIDAY

角幡唯介 探検から帰国して感じた違和感「新型コロナ」困惑と憂鬱

無料

グリーンランド➡カナダ 極北の犬ぞり行の最中に世界が激変していた

角幡唯介 探検から帰国して感じた違和感「新型コロナ」困惑と憂鬱
すべての写真(全2枚)

自宅からほど近い湘南の観光地にて。マスク着用率は7割ほどか。素顔の角幡も「一応マスク持っていますよ」

 探検家の角幡唯介(かくはたゆうすけ)(44)が日本を離れ、グリーンランド最北の町・シオラパルクに到着したのは1月中旬。そこから氷河や海峡を横断してカナダに、そして北極海へと続く長距離単独犬ぞり行に挑む計画だった。だが、角幡が極地の氷に包まれている間に、世界は「新型コロナ」によって一変する……。帰国して2週間の自宅待機が終了した直後、「浦島太郎になった気分」という角幡がその胸中を明かした。

 シオラパルクの町に入って、探検の準備をしているうち、3月に入ると村人との会話でもコロナの話題が多くなりました。「デンマークとの定期便が飛ばなくなる」「フランスから来るはずだった取材がとりやめになった」とかね。僕が犬ぞり行に出発する前日には、村人が他の集落に行くことが禁止された。その後は、雑貨店のレジで2mの距離(ソーシャルディスタンス)をとらされたそうです。村民30人しかいないのに。

「なんでお前、世界中がこんな感じになってるのに、探検なんか行くわけ?」っていう雰囲気は感じました。だけど、なんというか、世界の人たちが感じている恐怖とか事態のヤバさが、僕にはまったくわからなかった。関心もなかったし。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.