FRIDAY(フライデー)

アスクル倉庫火災 でわかった「ソーラーパネルの 危険性」

消火になぜ296時間もかかったのか

アスクル倉庫火災 でわかった「ソーラーパネルの 危険性」 画像1
すべての写真(全2枚)

倉庫には住宅地が隣接している。アスクルは近隣の約300世帯に各戸1万円の見舞金を支払うという

 "結果的に"まれにみる大火災となってしまった――。

 2月16日午前9時過ぎ、埼玉県三芳町の事務用品通販会社「アスクル」の物流倉庫の1階にある段ボール置き場で火災が発生。すぐに2階、3階に広がり、2月22日までに延べ床面積7万㎡のうち、4万5000㎡が焼け落ちた。完全に鎮火したのはなんと296時間後だった。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.