FRIDAY

相次ぐ大物芸能人の独立……そのメリットとデメリット

無料

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

大手事務所独立のメリットとデメリット
すべての写真(全1枚)

映画の打ち上げでハシャぐ香取。ネット番組にCMにと精力的な活動を支えるのが、一緒にジャニーズ事務所から独立した辣腕マネージャーだ

 長瀬智也(41)が来年3月をもってジャニーズ事務所を退所すると発表した。残ったメンバーは『株式会社TOKIO』を設立して社内独立。ジャニーズグループ傘下で活動を続ける。今年に入り、中居正広(47)や米倉涼子(44)など大物芸能人の独立が相次いでいるが、広告代理店関係者は「背景には公正取引委員会の警告がある」と指摘する。

「独立した香取慎吾(43)ら元『SMAP』メンバーの3人を番組で起用しないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、’19年に公取委がジャニーズ事務所に注意をした。これで、どこも露骨な圧力をかけられなくなったのです。万が一、テレビ局が忖度(そんたく)して地上波に出られなくなっても、SNSやYouTubeで発信すればいいし、収益化もできる」

 今年6月にジャニーズ事務所を退所した元『NEWS』手越祐也(32)は、早々とYouTubeチャンネル登録者数が145万人を突破。年収億超えは時間の問題だと言われている。

 フリーなら、やりたい仕事だけやればいいし、事務所にマージンを抜かれることなくギャラを満額手にすることができる。芸能人の独立が相次ぐのも納得なのだが――キー局プロデューサーが独立のデメリットを解説する。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.