FRIDAY

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第49回 プロ入りした途端、球が遅くなる人

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第49回 プロ入りした途端、球が遅くなる人
すべての写真(全1枚)

球団首脳に「本来の直球を投げられていない」と言われた佐々木。1勝3敗、防御率4.57と苦戦中(5月15日現在)

 アマチュア時代は速球派で鳴らしたものの、プロに入ってから球速が落ちる。そういう投手は少なくありません。開幕一軍入りを果たした千葉ロッテのルーキー、佐々木千隼も、そんな一人です。桜美林大時代は最速153kmをマークした速球が、千葉ロッテ入り後は140kmソコソコまで落ち込みました。5月11日の楽天戦では、ほとんどが130km台半ば。4失点KOされています。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.