FRIDAY

スポーツは人間ドラマだ! 第142回 腕ひしぎ逆十字になす術なし 髙田延彦「400戦無敗の柔術家 ヒクソンに完敗」

’97年10 月11日
PRIDE 1

fridaycc@marinax.co.jp
すべての写真(全1枚)

ヒクソンは、「髙田は何をどうしていいか、わからなかったようだ。戦略が無いように見えた」と話している

 プロレスが勝つか。柔術が勝つか――。

 ちょうど20年前、日本に格闘技ブームを巻き起こすきっかけとなる一戦が行われた。髙田延彦(35=当時、以下同)とヒクソン・グレイシー(37)のリアルファイトを実現させるため、旗揚げされたイベントは「PRIDE1」と銘打たれた。当時の髙田は"最強"の称号を持つプロレスラー。一方のヒクソンは"400戦無敗"という伝説を持つブラジルの柔術家だった。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.